0
    ラルフローレン 子供服 激安

    関連ニュース





    0


      関連ニュース





      パチンコ/パチスロ攻略室

      車いすフェンシングW杯、桜井杏理が3位

      0
        女子フルーレで準決勝に進出した桜井杏理(右)(京都市で)=畔川吉永撮影 車いすフェンシングのワールドカップ(W杯)は14日、京都市で2日目の競技が行われ、女子フルーレ障害Bで桜井杏理(日阪製作所)が日本勢最高の3位に入った。 桜井は予選リーグを無敗で突破し、決勝トーナメントを勝ち進んだが、準決勝で世界ランキング1位でリオデジャネイロ・パラリンピック金メダルのベアトリーチェ・ビオ(イタリア)に敗れた。 2018年12月14日 19時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

        関連ニュース

        車いすフェンシングW杯、桜井杏理が3位
        車いすフェンシングW杯、桜井杏理が3位
        車いすフェンシングW杯、桜井杏理が3位

        ブログデザイン料金

        車いすフェンシングW杯開幕…男子3選手は敗退

        0
          車いすフェンシングのワールドカップ(W杯)が13日、京都市で開幕した。 国内では初めての開催。 初日は男女サーブルの個人戦が行われ、日本の男子3選手は予選リーグを勝ち抜いたが、いずれも決勝トーナメント初戦で敗退した。 ギリシャ選手に6―15で敗れた障害Bの恩田竜二(三交不動産)は「自分の距離で戦うことができなかった。 相手との経験の差はまだ大きい」と悔しがった。 今回のW杯は、東京パラリンピック出場に必要なポイントが獲得できる大会で、30近くの国・地域から約200人の選手が参加。 東京大会の会場となる幕張メッセでのテスト大会は現在、予定されていないため、日本車いすフェンシング協会の小松真一理事長は「車いす専用のピスト(競技台)の設置や大規模な大会運営など、W杯を通じて開催国としての経験を高めたい」としている。 大会は16日まで男女エペ、フルーレの個人戦と団体戦が行われる。 2018年12月13日 21時39分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

          関連ニュース

          車いすフェンシングW杯開幕…男子3選手は敗退
          車いすフェンシングW杯開幕…男子3選手は敗退
          車いすフェンシングW杯開幕…男子3選手は敗退

          メールアドレス一覧

          0


            関連ニュース





            就職 求人

            青学「ゴーゴー大作戦」、V5に意欲…箱根駅伝

            0
              トークバトルで作戦名を披露する青学大の原監督。 右は東洋大の酒井監督 前回の箱根駅伝上位チームの監督による「トークバトル」が10日、都内で行われた。 青学大の原監督は、恒例の作戦名を「ゴーゴー大作戦」と名付け、「95回を迎える大会で中大、日体大しか達成していない。 頑張りたい」と史上3校目の5連覇へ強い意欲を見せた。 その原監督が警戒したのが能力の高い東海大。 両角監督は「今までスピード中心だったが、距離もこなせるチームに変わった」と初Vへ自信をのぞかせた。 3大会連続で総合2位の東洋大の酒井監督も「5年ぶりの優勝を目指したい」と火花を散らし、早大の相楽豊監督は「目標は3位以上。 この3強に競り勝たないと」と応じた。 箱根駅伝で活躍した設楽悠太(ホンダ)、大迫傑(すぐる)(ナイキ)が今年作ったマラソンの日本記録も話題に。 原監督は「目標を作ってくれた。 そこに果敢に挑戦することが(学生陸上界の)レベルアップにつながる」と話し、両角監督は「壁を作らないという姿勢は多くの選手が見習うべきだ」と力を込めた。 2018年12月11日 09時46分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

              関連ニュース

              青学「ゴーゴー大作戦」、V5に意欲…箱根駅伝
              青学「ゴーゴー大作戦」、V5に意欲…箱根駅伝
              青学「ゴーゴー大作戦」、V5に意欲…箱根駅伝

              看護師の求人サイト

              青学大監督「過去最高」…箱根駅伝メンバー登録

              0
                第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)のチCD発売日ームエントリーが10日行われた。 記念大会の今回、例年より2校多い23チームがメンバー16人を登録。 史上3校目の5連覇と、初となる2度目の大学駅伝「3冠」を目指す青学大が充実し、全日本大学駅伝2位の東海大、前回往路優勝の東洋大が追う。 予選会首位通過の駒大、前回総合3位ながら今季不振の早大も巻き返しを狙う。 青学大は、1万メートル28分台の選手を9人そろえ、前哨戦の出雲全日本大学選抜駅伝と全日本で選手を使い分ける選手層を誇る。 前回2区区間賞の森田歩希(ほまれ)主将(4年)、7区区間新記録の林奎介(4年)ら主力も順当に名を連ね、原晋(すすむ)監督は「過去最高と言っていい状態。 10人を選ぶのに頭が痛い」と自信たっぷりだ。 (ここまで344文字 / 残り639文字) 2018年12月10日 20時28分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

                関連ニュース

                青学大監督「過去最高」…箱根駅伝メンバー登録
                青学大監督「過去最高」…箱根駅伝メンバー登録
                大賞にメダル5個の村岡…日本パラスポーツ賞

                0
                  ドメイン取得一覧比較

                  関連ニュース





                  0
                    ハーバルピール 大阪

                    関連ニュース





                    0


                      関連ニュース





                      アニメdvdランキング

                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      PR
                      selected entries
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM